忍者ブログ
山頂に金魚を置いてくるようなブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご存知の方もおられるでしょうが、先日、日本におけるiPhoneの発売会社がsoftbankに決定致しました。

正直、現在契約しているdocomo、auから発売されないのが残念でなりませんが、「いよいよ日本でも発売か。」と、期待しているのも確かです。

とは言え、タッチパネル方式こそ多くは採用されていないものの、2007年6月29日に初めて米国でiPhoneが発売された当時でさえ、日本の携帯はmp3プレーヤー機能あり、ワンセグ機能あり、GPS機能あり、webブラウザあり、ゲームあり、カメラありのハイテク機器だったわけで、今の日本におけるiPhoneの需要はどれ程度のものになるのでしょうか。
無線LANを使用してのブロードバンドも、一部携帯では既に採用されてますし。

docomoとauの携帯・サービスを比べてみると、あくまで主観ですが、携帯の基本スペック(処理能力)についてはdocomo機に軍配が上がると思います。
外部メモリへのアクセススピードや、携帯に付いている諸々の機能には目を見張るものがあります。
もっとも、二番煎じが多いのも確かですが。

一方auは、料金、特に定額制パケット料金プランの金額が二段階であることなどは評価できますし、声を大きくして言いたいのはEZナビウォークの使い勝手の良さです。
PC、携帯を連動させたGPSナビの使用方法は本当に素晴らしいの一言。

今でこそ各社携帯には当たり前のようにGPSが入り、NAVITIMEのアプリが入っていますが、さすがは発案元と言うべきでしょうか。

さて、そこに来てsoftbankから発売されるiPhoneです。
能力的にはiPod touchで既に証明されてますから操作性の良さともに恐らく問題はないでしょう。
てか、MacしかりiPod touchしかり、apple社のタッチパネルの操作性の良さは異常。

しかしその一方、あくまでapple社の製品である以上、携帯会社からの注文と言うのは届きにくかろうと思います。

つまり、今の日本の携帯では当たり前になっているGPS、ワンセグ、カメラ、外部メモリは入っていない?(←未確認)であり、操作性が良くスタイリッシュな携帯ではありながら、機能においてはデチューンされた物になるのではないでしょうか。
今月新しいiPhoneがappleより発表され、日本で発売されるiPhoneはその機種となる噂ですが、この短所が改善されるのか、そして今後どう販売影響に繋がるかは非常に気になるところです。

そしてもう一つの疑問点が価格。
今現在、iPod touchは8GB、16GB、32GBの3機種あり、それぞれの販売価格が36,800円、48,800円、59,800円。
基本mp3プレーヤーでありこの価格になっていますが、これが携帯に移転した時にどうなるのか、そしてどこまでのスペックを求めるのか。



でまぁなんだかんだ書きましたが、発売したら買ってしまいそうな気もしますよ(汗
前々から興味深々だったのでw

ところで、softbankの携帯キャリアとしてのサービスはどうなんですかね!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[11/24 愛谷]
[11/22 ぱたごにあ]
[11/20 愛谷]
[11/15 ぱたごにあ]
[11/12 愛谷]
最新記事
プロフィール
HN:
愛谷 あくび
性別:
非公開
自己紹介:
メールはこちらへお願いします。
take_the_biscuits☆msn.com(☆→@)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]